新しい葬儀方法として家族葬がキリスト者に選ばれる理由

日本の新しいお葬式

葬儀社が提供する葬儀方法にはその時その時の時代に合わせて変化した葬儀の方法が新しく加わったり、変化されたものになったりしています。
近年の日本人の生活や環境そして経済状況に合わせた新しい葬儀の種類もいくつかあり、その中でも最近注目されているのがあります。
それは、「家族葬」という名称の葬儀の方法です。
このお葬式は自由度が高く、教会に所属しないキリスト者が葬儀を行うにはもってこいなのです。

家族のみで行う小さなお葬式が家族葬

家族葬がどういうものかといいますと、その名称のとおり、家族だけでもしくはごく親しい身内や親族そして友人とごくわずかな少人数のみで故人とのお別れを惜しむ場として葬儀を執り行うものになります。
一般の葬儀とはかけ離れたものになっていますが、これが最近注目されている上に、多くの人々に選べれているのにはそれなりの理由がもちろんのことながらあります。
どのような理由課と言いますと、まず一番大きいい理由として、一般参列者の方々に対して配慮したり、対応に追われたりする必要がないという点になります。
その分、ゆっくり自分が故人とのお別れをする時間を確保できるということにつながります。

キリスト者がこだわる自由なお葬式

それから現代の日本人の生活環境ならではの理由もあります。
今や、医療などの技術が進化しているため、一昔前と比較してみましても長く生きている方々が多くいます。
そのことから亡くなられた時点で、故人の年齢が高齢になっているがために知人や友人が少ないという現状がでてくるのです。
そのため、この身内だけでという家族葬が選ばれるゆえんになります。
宗教的な理由からキリスト者として葬儀をあげたいときにも、親類縁者に気を使わなくて良く、好都合です。

大規模葬儀が少数派になってきていることも、他人事ではない理由になります。
他に挙げられる理由としては、葬儀にあまり費用をかけたりして負担を大きくしたくないということやその分をお墓などに回したいという考えから、故人の生前時点での要望によってこの葬儀方法を選択するケースも多くみられます。
このようにさまざまな理由から家族葬というものを選ぶ人も多くいますので、このようなものもあるということを知っておくことをお勧めします。