葬儀の際の花輪に見るキリスト教と日本のお葬式の違い

お葬式に参列できなかった場合の対応

遠方に住む親戚が亡くなった場合などに、どうしても都合がつかずお葬式に参列できないことがあります。
そのような場合は、一般に弔電を打つことがよくなされますが、弔電だけでなく、花輪を贈ったり、後日改めて香典を現金書留で送ったりするのが普通です。
葬儀のために贈る花というと、一般的には花輪が思い浮かぶと思いますが、花輪以外にもいくつか種類があるのをご存知でしょうか。

個人に贈るお花について

たとえば「枕花」というものがあります。
これは、故人と特にゆかりの深い人や親しかった人が贈るものとされ、遺体の枕元に飾られます。
つまり、お通夜の前に飾る花です。
この枕花に限らず、葬儀のために花を贈る際に必ず注意すべきこととして、亡くなられた方の宗教を確認することが大事です。
宗教によっては葬儀にはあまり用いられない花もありますので、注意してください。

同じ花を贈るのでも、キリスト教式と仏式では異なる

枕花を贈るほど深い親交があったわけではないという場合に花を贈るなら、お葬式会場の祭壇の上に飾る供花や、花輪、フラワースタンドなどが一般的です。
花輪は、地域によって使用するデザインや大きさ、形などが異なることがありますので、現地の業者さんに依頼するのが間違いありません。
また、民間のセレモニーホールや斎場でお葬式が行われる場合ですと、花輪や生花などの持ち込みを断られる場合がほとんどですので、注意することが必要です。
そういった場合には、その斎場等に直接花を頼めば用意してくれます。
花輪の価格の相場は、10,000円~20,000円位です。
何種類か用意されている場合がほとんどですので、その中から選んで注文することになります。
なお、キリスト教のお葬式では、籠盛りの花や、花束、リース型にアレンジした供花等が用いられることがほとんどで、花輪が用いられることはまずありません。